企業情報

企業情報

山科精器の歴史

1939(S14)
資本金19万円で(株)山科精器研究所を設立、マイクロメーターの製造を開始。
1949(S24)
社名を山科精器株式会社に改め、邦文タイプライターの製造を開始。
1958(S33)
社内加工設備として研究開発を積み重ねて来たブロックビルド方式による専用工作機械を製造、商品化に成功し、可傾式バレル研磨機と同時に製造・販売を開始。
1962(S37)
〈5月〉ダイキン工業(株)との間に、業務提携が成立。
〈7月〉資本金を5,000万円に増資。
1963(S38)
ダイキン工業(株)より水中ポンプならびに、ボッシュ型注油器の製造・販売権が移管され、製造販売を開始。
1965(S40)
エレメント型注油器のダイキン工業(株)より移管と高圧注油器の自主開発で潤滑機器メーカーとしての基礎完成。
1968(S43)
滋賀県栗東町に栗東工場を新設、注油器・循環給油装置ならびに各種熱交換器の製造を開始。
1970(S45)
〈6月〉栗東第2工場を新設し、大型クーラーの製造ならびに大型加工設備を導入し金型加工を開始。
〈9月〉電子事業部を新設し、エレクトロニクスの分野に進出、小型モータ・特殊計測器を製造。
1971(S46)
滋賀工場にFRP樹脂成形工場を新設し、2,000屯ホットプレスを設置。
ダイキン工業(株)のFRPクーリングタワーを始め各種FRP製品の製造販売を開始。
1972(S47)
電子部門の拡大政策に伴い、滋賀県水口町に3,000㎡の工場を新設し、資本金1,000万円で、ヤセックエレクトロニクス(株)を設立し、独立会社としての業務を拡大。
1973(S48)
事業内容の拡大に伴い、資本金を1億円に増資。
〈11月〉高知工場をオープン、主として小型モータの製造を開始。
1977(S52)
機電一体の充実を目指して、ヤセックエレクトロニクス(株)を吸収合併する。
本社工場として近江工場を完成し、山科工場・栗東工場を本社工場に集結。
1980(S55)
船舶エンジン全機種の排気弁研削盤開発、商品化に成功。
1983(S58)
マシニングセンター・NCフェーシング・多軸オートヘッドチェンジャー・ターレックス等、F・M・Sのニーズに合わせた機械開発に成功。
1987(S62)
大型熱交換器(コンデンサー)を製作開始。
1992(H4)
能力300㎥/Hrのフラッシング装置完成。
大型トランスファーライン米国へ輸出。
2000(H12)
本社工場および営業所 ISO9001認証取得 認証機関 LRQA。
本社工場内に、中央研究所を開設。
2001(H13)
ASMEアメリカ機械学会、ボイラ・圧力容器規格の工場認定を取得。
高速U軸センターの開発に成功。日・米・韓・EU特許。
2003(H15)
CEマーキング(TUV認証)の圧力容器製造開始。
船舶用舵のテーパー穴の中ぐり加工機の開発に成功。日・韓・中特許。
2004(H16)
都市エリア産学官連携促進事業に参画。
「診断・治療のためのマイクロ体内ロボットの開発」
2005(H17)
立命館大学BKCインキュベータ内に、中央研究所 BKCインキュベータ分室を開設。
2007(H19)
滋賀工場 ISO14001認証取得 認証機関 DNV(DET NORSKE VERITAS)
都市エリア産学官連携促進事業(発展型)に参画。「患者負担軽減のためのオンサイト診断システムの開発」
2008(H20)
「国際バイオEXPO」に初出展。
第6回中国大連国際海事展覧会に初出展。
2009(H21)
〈9月〉薬事法による「医療機器製造業許可証」を取得。
滋賀医科大学イノベーションセンター内にメディカル事業部分室を開設。
〈10月〉メディカル事業部発足。
〈11月〉「MEDICA2009」デュッセルドルフに初出展。
2010(H22)
〈5月〉薬事法による「第二種医療機器製造販売業許可証」を取得。
2011(H23)
〈4月〉医療機器製造クリーンルームM3工場開所。
〈10月〉薬事法による「指定管理医療機器製造販売認証書」を取得。
ヤセック吸引嘴管の製造を開始。
2012(H24)
〈1月〉医療機器の品質保証のための国際標準規格であるISO13485を取得。
〈11月〉本社工場及び営業所 ISO14001認証取得。
2013(H25)
洗浄吸引カテーテルが第五回「ものづくり日本大賞 経済産業大臣 特別賞」を受賞。
2014(H26)
〈2月〉関西ものづくり新撰2014に選定。
〈4月〉中小企業優秀新技術・新製品賞優秀賞を受賞。
ヤセック吸引嘴管 及び エンドシャワーをシリーズ化。
高周波処置具の製造を開始。
2015(H27)
ドレン出口温度調整機構付きドレンクーラー「e-DRAIN」の
開発・商品化に成功。
2016(H28)
〈9月〉FlexLink社のコンベアシステムの設計・製造及び販売を
開始。
2017(H29)
〈1月〉水口工場再稼働。